未分類

(Azure更新情報より)Custom email verification in Azure Active Directory B2Cー Azure Active Directory B2Cにおけるカスタムメールの検証

Use custom email in Azure Active Directory B2C (Azure AD B2C) to send customized email to users that sign up to use your applications. By using DisplayControls (currently in preview) and a third-party email provider, you can use your own email template and From: address and subject, as well as support localization and custom one-time password (OTP) settings. Custom email verification requires the use of a third-party email provider like SendGrid or SparkPost, a custom REST API, or any HTTP-based email provider (including your own). This article describes setting up a solution that uses SendGrid.

https://azure.microsoft.com/ja-jp/updates/aadb2c-3p-email/

Azure Active Directory B2C(Azure AD B2C)でカスタムメールを使用して、アプリケーションを使用するためにサインアップするユーザーにカスタマイズしたメールを送信します。 DisplayControls(現在プレビュー中)とサードパーティのメールプロバイダーを使用することにより、独自のメールテンプレートと差出人:アドレスと件名を使用することができ、ローカリゼーションとカスタムワンタイムパスワード(OTP)設定をサポートできます。

カスタムメールの検証には、SendGridやSparkPostなどのサードパーティのメールプロバイダー、カスタムREST API、またはHTTPベースのメールプロバイダー(独自のものを含む)を使用する必要があります。この記事では、SendGridを使用するソリューションのセットアップについて説明します。

とのことで具体的な方法がこちら。
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/active-directory-b2c/custom-email

時間作って試してみようと思います。