常識なんてどうでもいい、自分らしいキャリアの築き方

おかだオフィシャル

オカダログ 成功する転職

女性が未経験からエンジニアに転職するには【体験談・メリット・デメリット・盲点】

更新日:

女性が未経験からエンジニアに転職するのは難しいことではありません。

むしろ未経験職種の中では、イージーな方ではないかと思うほどです。

この記事ではどうしたら未経験からエンジニアになれるのか知っておきたい盲点を解説していきます。

エンジニア歴18年、現役エンジニアでありながら転職エージェントを兼務しているおかだが完全解説していきます。

 

女性が未経験からエンジニアに転職するには【メリット・デメリット・盲点】

 

女性にはライフスタイルの変化がありますよね。男性も同じじゃん!て思うかもしれませんが、女性の方がよりライフスタイルの変化の影響を受けやすいです。

それは出産を考える場合、どうしても働けない期間が出てくるからです。

子育ては協力するとしても、出産は女性だけですからね。

そんなこと当たり前といえばそうなんですが、女性ならではの観点で、未経験からエンジニアになる方法や気を付けたいことを解説したいと思います。

 

こんな人にオススメの記事です
・将来に向けてスキルを付けて仕事をしたい
・女性でもエンジニアになれるのか、大変じゃないのか不安がある
・もっと稼ぎたい

 

 

そもそもエンジニアってどんな仕事?

 

この記事で解説していくのは、エンジニアでもITエンジニアについて解説していきます。

ITエンジニアには、以下のような職種があります。

ちなみに私自身はプログラマ、ITコンサル、インフラエンジニアの経験があります。

 

システムエンジニア

お客さんの要件を聞いて、どんなシステムを提供するのかをまとめあげ、

システムの設定をする仕事です。

お客様の業務がどうしたら効率化できるのかを考え、どんなシステムを使うことで課題を解決するのかということを提案し、価値提供します。

設計を元に、プログラマが具体的にプログラムにしていくので、お客様とプログラマの橋渡し的な存在になります。

どんなシステムをいくらで作れるのかという見積もりを作成する場合もあります。

そのため、未経験からエンジニアに転職する場合、いきなりシステムエンジニアになるケースは難しいと思います。

プログラマなどで一旦、実際に作成する経験をしてからステップアップした方が、先のキャリアでスムーズにステップアップできますね。

 

プログラマ

設計書を元に、プログラムを書いていきます。

設計書を理解して、分からないことはシステムエンジニアに聞いて良いシステムを作り上げる仕事です。

お客様の要望をシステムエンジニアが設計しただけだと、プログラムに実装するにあたって無理な部分が出てきたり、もうちょっと効率化した方が良い部分が出てきたりもします。

最初は言われたようにコードを書いていく仕事ですが、こういった意見出しもプログラマの大切な仕事の一つですね。

中には設計の矛盾が見つかったりすることもあり、プログラムを書く技術だけではなく、なかなか深い仕事だと思います。

未経験からエンジニアに転職する場合、割と入りやすい職業の一つです。

また、リモートワークにも落とし込みやすいため、女性が未経験からエンジニアを目指す場合、プログラマは絶賛オススメの職種となります。

子育て中は在宅で仕事をしたいな、と思ったときに、一番在宅ワークに切り替えやすいと思います。

 

インフラエンジニア

私がやっている仕事がこれです。

インフラにも、ネットワーク・サーバなどがあります。

更にはクラウド・オンプレなど、細かく分けていくと色々あるのですが、私がオススメすすのは、

「クラウドのサーバエンジニア」「クラウドのネットワークエンジニア」

未経験からインフラエンジニアを目指すのであれば、この2択で十分です。

オンプレの仕事は減る一方ですので、もうやらなくてよいと思います。

クラウドエンジニアとは、プログラマなどが作ったシステムを動かすための環境をAWSやAzureなど、クラウドを使って整える役割です。

ネットワークやサーバの知識の他、セキュリティの知識が身に着きます。

クラウドエンジニアであれば、インフラエンジニアであっても、在宅ワーク・リモートワークへの切り替えが可能になります。

但し、今のところはプログラマよりは在宅ワークの需要が少ないです。

少しずつ増えてきていますので、今後は期待できると思いますよ。

 

女性が未経験からエンジニアを目指すメリット

 

メリットだらけなので、何から話したら良いんだろうって感じなんですが、主なものを説明したいと思います。

 

平均年収高め・時給も高め

エンジニアの仕事は年収が高めです。

 

全職種の平均よりも100万位年収が高いので、それだけでもちょっと美味しいと思います。

私の場合ですが、現在、時給6000円で受けている仕事があります。

1時間働いたら、コンビニバイトの6倍です。

なかなか悪くないと思いますよ。

 

間口が広く、歓迎される

また、未経験に対する間口が広く、女性のきめ細やかな視点というのは、エンジニアの現場でもとても好まれます。

全体的に人手が足りない業界なので、女性の未経験であっても、求人数がすごく多いと思います。

 

働き方が選べる

リモートワーク・在宅ワークへの取り組みが積極的な業界ですし、転職もキャリアになるような業界なので、ライフスタイルが変わりやすい女性にとっては、本当に心強い業界です。

子育て期にリモートワークするもヨシ、

出産の時は思い切って一度お休みするもヨシって感じです。

がっつり働きたい時期は、そういう会社に入れば良いし、

家事を優先したいときは、そういう職場を選んだら良いです。

私のようにフリーランスで週3とか週4ワークなんていうのもアリです。

 

めちゃ甘やかされる

また、これは人によっては、メリットと捉えるかどうかが微妙なんですが、

大抵の職場では女性は甘やかされます。

なので、割と楽にノビノビと働けるんですよね。

 

 

デメリット・盲点

 

女性が未経験からエンジニアを目指す場合のデメリットと盲点について解説していきたいと思います。

結論、そんな大したデメリットはありません。

 

見本とするロールモデルが身近にいない可能性がある

女性のエンジニアは全体の1割位じゃないかと思います。

だからこそ、大切にしてもらえるのですが、目標にしたい人が身近にいない可能性があります。

男性だからとか、女性だからとか、そんなことを言うのはナンセンスかもしれませんが、でもやっぱり、子育てしながら出世してたり活躍していたりする女性が身近にいると、励みになるんですよね。

その点、自分で未来を描いて目標に向かっていく必要があると思うのですが、そんなに固く考えなくても、

色々な働き方が選べるので、その時々でベストな方法を模索していけば良いんじゃないかなと思います。

女性向けの転職サイトで募集している求人の場合には、先輩女性が活躍している職場もありますから、

どうしても近くにロールモデルがいて欲しい場合には、そういったサイトからの転職先を探すのも一つの手段かなと思います。

でも、圧倒的に女性が未経験からエンジニアを目指す場合の転職はエージェントを使うのが楽だし確実です。

【年収UP】ITエンジニアの転職・オススメの転職エージェント5選【脱SES・口コミあり】

 

セクハラ問題

女性のエンジニアそのものが少ないので、業界全体に、セクハラの意識が低いです。

すんごくクダラナイことを言われたりもすると思いますよ。

「彼氏いるのか」「まだ結婚しないのか」「最近デカくなってないか」「子供産まないのか」

などなど。

でも、そんなこと言ってるおっさんたち、ほぼほぼみんな悪気はありません。

気楽にスルーするか

「今の発言、セクハラでアウトです」って笑顔で言ってあげてください。

真顔で言うと怖いのでw、あくまでも笑顔でね。

あと、勉強会に来る男で変なのもいっぱいいるんですよね。

だから「〇〇女子部」みたいな勉強会もあちこちで立ち上がっていますから、心配でしたらそういうのに行ってみても良いと思います。30過ぎれば変な男も寄ってこなくなります・・・!

 

私自身の体験談

 

現役エンジニアのおかだですが、これまで、何度かライフスタイルが変わり転職もしています。

エンジニアになって感じることについて体験談を書いていきます。

 

職が無くなる感じがしない

求人数が圧倒的に多く、常にあちこちから仕事の引き合いがかかります。

職に不自由するイメージが全くありません。

結婚して一度専業主婦になったりもしましたが、再就職はこれ以上ない位に簡単でした。

圧倒的に売り手市場が続いているので、ちょっと働くのが厳しいな・・・となった時にも簡単に辞められます。

辞めても再就職が簡単だし、フルタイムの正社員以外にも働き方が沢山あるので、

無理してまで今の雇用を維持しよう、頑張り続けようって思わなくて良いんですよね。

だからエンジニアっていう働き方は女性にとって最高だと思ってます。

 

「手に職」は精神安定剤になる

手に職があって「私はこれが出来ます」ということを語れるのは、本当に安心です。

例え夫の稼ぎが無くなっても、一人でやっていけるし、なんだったら夫を養っていくことだってできると思うんですよね。

明日が分からないこの世の中にあって、女性に稼げる力があり、手に職があるのは本当に最強だと思いますよ。

 

やりがい・達成感がある

仕事をしていると、プロジェクトごとに達成感を味わえますし、日頃から分からないことを調べて解決していく過程で、イチイチ細かく達成感を味わえます。

あと、フリーランスになってからは、地味に単価が上がっていくのも面白いしやりがいがあります。

 

在宅・リモートワークが最高

家にいながら、好きな音楽をかけて、犬が横にいて・・・

そんな環境でリラックスして仕事が出来ることが最高です。

 

どうやってエンジニアになれば良いの?

 

女性が未経験からエンジニアを目指すには、具体的にはどうやって仕事を探すの?

という点について解説していきたいと思います。

方法としては大きくわけで3つです。

 

転職エージェントを使う

未経験でも比較的転職しやすい業界なので、転職エージェントに相談したら一番簡単に転職出来ます。

但し、未経験の場合は、何かしら勉強を始めているのが好ましいので、progateなどの無料のサイトで学習したり、

勉強会に参加するなどして、勉強している実績を作っていきましょう。

勉強会はconnpassというサイトで沢山探せますよ。

勉強会を通して、業界に知り合いも出来ると思うし、色んな職種や色んな会社のことを知ることが出来るので、

コミュニケーションが苦にならない人はぜひ色んな勉強会に行ってみてくださいね。

https://connpass.com/

オススメの転職エージェントについてはこちらの記事を参考にしてください。

【年収UP】ITエンジニアの転職・オススメの転職エージェント5選【脱SES・口コミあり】

転職エージェントを使うと、かなり手厚くサポートしてもらえます。現役エージェントの私が言うので間違いナシです。

未経験ならどんな会社があるのか、勉強してきたことのどのような点がアピールポイントになるのか、

応募書類の書き方から面接対策まで、転職のことで聞けないことが何もないほどじゃないかと思います。

既に同じエージェントから希望企業に転職した人がいる場合には、その企業の雰囲気まで聞けますから、「ブラック企業にだけは入りたくない」という人にもかなり心強い味方になってくれますね。

 

プログラミングスクールを使う

これがなんだかんだいって、一番最強だったりします。

でも一定の時間を取られますし、努力も必要です。

ですが数か月だけなので、そこはなんとか頑張って越えていければ良いですし、

就職決まれば学費が戻ってくるところもありますし、最近では無料のスクールもあります。

こちらは30才までなら完全無料のプログラミングスクール。

就職率は96.2%。無料なだけではなくて、かなり高い就職率ですよね。

受講生一人一人にアドバイザーが専任で着くという手厚い体制ならではかと思います。

【完全無料プログラミング研修&就活塾】

無料体験が出来るそうなので、とりあえず行ってみて、本当にエンジニアになるのかどうか、

考えてみても良いと思いますよ。

 

転職サイトを使う

未経験エンジニアの場合、転職エージェントだけではなく、転職サイトからも転職は可能です。

但し、数が多いので、なかなか絞り込みが大変とか、面接対策が一人でやるのは難しいなど、躓きやすいのが難点かなと思います。

転職エージェントに行くのは嫌だし、スクールに行く時間も無いし・・・って人は、

転職サイトを使うのも良いと思います。

こちらの記事でいくつか私が使ったことがあるサイトを掲載していますので、参考にしてみてください。

未経験からエンジニアになるために役に立つ求人・転職サイト5選と安全な近道案内

 

まとめ

未経験から女性がエンジニアを目指すのは、現役エンジニアの私から言うと、控えめに言っても最高だと思います。

但し、全員が向いているわけではないのは、他の職種と同じです。

なので、やったことが無いことは、自己学習で始めて転職エージェントの力を利用して転職するか、スクールで学習してみてから転職することをオススメします。

 

-オカダログ, 成功する転職

Copyright© おかだオフィシャル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.