常識なんてどうでもいい、自分らしいキャリアの築き方

おかだオフィシャル




成功する転職 転職エージェント活用術

【カモられて損しないために】転職エージェントの活用方法と使うメリット【年収UP必須】

更新日:

転職エージェントって一体なんだ?と思っている人や、転職エージェントを使ってみたけれど、イマイチメリットがわからないよ!って思っている人って、結構いるんじゃないかと思います。
そんな方のために、転職エージェントを有効活用して、年収UPを目指す方法を解説したいと思います。

 

転職エージェントの言いなりにならないために

転職エージェントを活用してメリットを享受するためには、

まず、自分の希望している仕事や希望している年収のレンジを的確に伝える必要があります。

 

やりたい仕事が決まっている人にとって手っ取り早い方法

もうずばり!やりたい仕事を一番手っ取り早く伝える方法はコレです。

 

1.転職サイトに登録する

2.受けてみたい求人をリストアップする

3.転職エージェントにそのリストを渡す

4.その企業に推薦してもらうと共に、類似求人を提案してもらう。

最近では業界や職種に詳しい転職エージェントが増えてきました。

職種別に担当を決めているエージェントも少なくありません。

ですが、細かいことまでは伝わりにくいです。

具体的な求人と、この求人のここがよい!っていうのを示すとグンと伝わりやすくなるんですよ。

また、転職サイトに出している企業には、本当に多くの求人が届きます。

高学歴・一流企業で働いている人なら、その求人に目が留まりやすいのですが、特に特徴がない経歴だと職務経歴書を開けることなく「お祈りメール」ってこともありえます。

表面でフィルターするしか無いですからね。

学歴・転職回数・経験企業の規模や知名度、これらでサクっとフィルターされてしまうこともあります。

転職エージェントを通すことで書類通過率はかなりアップしますし、応募書類の添削を受けることも可能です。

そしてこれらが無料で受けられるのですから、活用した方がよいですね。

転職エージェントで推薦不可の場合もありますから、その時は自己応募してみましょう。

 

自分の市場価値を知って、アピールできる年収のレンジを知る

転職するからには年収UPしたいじゃないですか。

なので、まずはご自身の市場価値とも言える、年収相場を事前に把握しておくことをおススメしています。

ミイダスというサイトでは、ご自身の市場価値として想定年収や求人レベルが無料で分かりますよ。

現在の年収・業界・職種などを入れるだけで簡単に分かりますから、お試ししてみるとよいです。

希望年収を高く言い過ぎたらどうしようとか、低く言い過ぎて損しないかな、とか迷うじゃないですか。

こんな感じで結果が表示されます!
「本当なの?」って思ったら、そのまま登録してみて、流れて来る案件の年収相場を見てみたら良いと思います。
市場の情報が一番リアルですからね。

「こういう経歴で、こういうスキルがある。こんな仕事がしたい。年収の希望はいくら。」

この自分の希望をハッキリ伝えることは、何よりも大切です。

この辺、ふわっと言ってしまわないことが、ゴミ案件の提案を防ぎ、転職エージェントにカモられないコツです。

 

 

転職エージェントは競争させるべし

転職エージェントには何社か登録した方が良いです。

その理由はいくつかあります。

 

競争させた方が良い

転職エージェントの成績は「年収いくらの人を」「何人転職成功させたか」です。

企業にも転職希望者にも、マッチした仕事を紹介しなければ、転職は決まりません。

ブラックな転職エージェントは入れそうなところしか提案しないらしいんですよ。

でも、せっかく転職するからには、年収上げたいし、やりたいポジションに行きたいじゃないですか。

だから、何社か登録してることを示した上で、「一番良い条件で案件提示してくれるところと付き合いたい」というスタイルを明確にした方が良いです。

相性がある

転職エージェントと求職者には相性があります。

また、転職エージェントの担当者と求職者にも相性があります。

気が合わない人とはとことん合わないでしょうし、合う担当者に出会うと、「1言ったら10を理解してくれる」ので、本当に楽なんですよ。

でも、気が合う人に出会ってみないと、合う感覚ってわからないじゃないですか。

このエージェントから来る案件、結構魅力あるけれど、この担当者と合わない・・・って時は、

担当者のチェンジも出来ます。そのときに、合う担当者のイメージが分かれば、相談しやすいんですよね。

 

実際、エージェントには何社位登録するべきなのか

エージェントごとに得意な業種だとか得意なポジション、得意な年齢層があります。

実際登録してみるとよりイメージがわくので、何社か登録してみるのが良いですね。

具体的には大手3社、中小3社位登録して、その中からメインで使う会社を2~3に絞るのが良いと思います。

最初から最後まで5社とあっちこちから連絡来るから案件を読み切れなくなるし、どこに連絡したか忘れるし、スケジュール調整が面倒だし、本当に疲れますよ。

書類選考に出す前に多くても3社に絞った方が良いでしょう。

 

転職エージェントを使うメリットは?

転職エージェントを使うメリットを把握しておくと、より使い倒せると思うので、要領よく使いこなしたいですね。

 

書類選考の通過率がガツンと上がる

というのも、「絶対に見込みが無い」という企業の提案をまず外してくるからと、

書類のどのあたりを見て欲しいのかを添えることで、学歴・年齢フィルターで落とされる部分に若干柔軟性を持って人事が見てくれる場合があるんですね。

「〇〇の部分が要件を満たしていないのですが、その代わりに〇〇が××なのでご勘案ください!」

みたいな感じです。

実際の所、中途採用だと経験や実績が重視されるケースが多いので、エージェントの推薦を使わない手は無いです。

また、応募書類の添削をしてもらえます。

職種や業種ごとに、書類のアピールポイントは異なります。

例えばITのインフラエンジニアだったら、案件の規模、チーム人数、その中での役割を整理して書いておく必要があります。

自己PRの内容なども、きちんとPR出来ているのか、書き直した方が良いのかという点を具体的に教えてもらえると思いますよ。

一つ一つを具体的に書類選考で合格しやすくなるように、応募書類を添削してくれます。

 

面接対策をしてくれる

この面接対策に関しては、結構な情報量を提供してくれると思います。

私が実際に転職活動したときにエージェントからもらったり、今現在エージェント側として提供している情報は以下のような感じです。

エージェントにより、得られる情報量は異なりますね。

 

1.面接相手の役職

現場の管理者なのか、リーダーなのか、部長クラスか課長クラスか、

そんな感じで教えてくれます。

一次面接は2名で課長クラス、二次面接は役員がズラっと並びます!とか。

2.面接で聞かれる質問

質問内容を把握しておくと、答えを用意しておけますよね。

これは優等生な答えを用意しておくというより、用意しておくことで、心の余裕が全く変わるんですよね。

なので、利用しない手は無いですよ。

3.面接通過者とNG者の回答例

同じ企業・同じ職種に過去に推薦している場合は、合格した人とNGだった人の回答例を教えてもらえます。

合格した人と同じ回答にするべきというわけではありませんが、どのような角度で答えれば良いか、非常に参考になると思いますね。

 

スケジュール調整

「なーんだ、そんなの自分で出来る」って思うじゃないですか。

でも、最終面接のタイミングがずれると、第一希望の結果が出る前に、第二希望の入社承諾期限が到来してしまうなんてことになりかねないんですよ。これって、結構大きなダメージです。

第一希望と第二希望が同じ位に出ないといけないですし、第二希望の入社承諾期限が見えていたら、第一希望に早く選考を進めてくれるようにお願いしてもらえます。

「返事するまであと1週間待って欲しい・・・」こんな時の調整も任せちゃったらOKです。

また、各社の最終面接の日程を合わせていくことで、年収交渉にも使えるんですよね。

スケジュール調整とは、ただ単に「自分の行ける日に面接を入れる」っていうことでは無いのですね。

 

年収交渉

前にも書きましたが、転職エージェントの成績は「年収いくらの人を」「何人転職成功させたか」で決まります。

企業から転職エージェントに支払われる紹介手数料が、年収の〇〇%という形で決められているからです。

(定額の場合もあります)

ですから、転職エージェントはできるだけ年収交渉を頑張ります。

同じ位の志望度合いの企業から複数内定が出ていたら、交渉のチャンスですね。

具体的にどれ位上がったら、決め手となるのかなど、正直ベースで交渉してみましょう。

 

転職エージェントも人間

ここからは私の正直な話ですよ。

転職エージェントも人間なわけです。

出来るだけ平等にやろうとしますし、基本贔屓はしません。

でも、逆に「この人に紹介を続けるのはつらいな」って思うことがあるんですね。

端的に言うと「約束を守らない」

面談の無断キャンセル・遅刻。

書類の修正の期限を守らない、レスポンスが無い・・・。

転職エージェントは転職者のメリットと共に、紹介先企業さんのメリットも考えています。

転職エージェントごときとの約束を守れない人を企業さんに紹介するのは、案外シンドイんですよね~!

ですから、まずはエージェントとの約束を守り、情報を沢山引き出して、転職エージェントのメリットを享受して使い倒してくださいね。

 

まとめ

まずは行動あるのみです!

自分の市場価値を知ることから始めてみないことには始まりません。
まずは先ほど文中で紹介したミイダスで気軽に診断して情報を取ってみてはいかがでしょうか。

 




-成功する転職, 転職エージェント活用術

Copyright© おかだオフィシャル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.