20代女性が転職を考えるときに確認するべき5つのポイント

はじめに

近年は転職に対して抵抗を感じる方も少なくなってきました。社会的問題にもなっている20代の離職率ですが、女性も例外ではありません。20代の離職率が高いということは、転職業界が盛んであるという現れなのです。現代では、男女雇用機会均等法により女性が働きやすい社会となりました。
ここでは、20代女性が転職を考えるときに確認するべきポイントを5つに分けてご紹介していきたいと思います。

1.20代女性として経験してきたこれまでの経緯を再確認する

 20代女性が転職を考えたときは、まず「なぜ転職をかんがえているのか」ということについて確認しておかなければなりません。人によって理由はさまざまだとは思いますが、転職を考えるということは必ず何かきっかけや根本的な理由があるためです。
 

20代女性が転職を考える理由

20代女性が転職を考えるきっかけや理由は、「今の職場の雰囲気が合っていない」、「これまで仕事で失敗ばかりしていた、自分に向いていないのではないか」などさまざまな要素があると思います。しかし、「なぜ、職場の雰囲気が合っていないと思うのか」、「なぜ、仕事で失敗ばかりしてきたのだろうか」、少し視点を変えて考えてみます。

なぜ、職場の雰囲気が合っていないと思うのか

 これまでの職場での過ごし方を振り返ってみると、同僚や上司にどのように接してきたでしょうか?社内でのコミュニケーションは、円滑に仕事をこなすためのツールなのです。20代女性は、職場の雰囲気を敏感に感じ取りますが、思い違いする場合も少なくありません。社内で誰とも会話がなければ、疎外感を味わうのも当然なのです。

なぜ、仕事で失敗ばかりしてきたのだろうか

 これまでに、仕事に対して向上心を持ったり、分からないことを勉強したりしましたか?どのような職種であろうと、わからないところをそのままにしてしまうと、次同じようなことがあったときに、また失敗してしまいます。20代であればなおさら経験不足の観点から、さらに女性であれば男性と違って仕事内容にも影響を与えることも有ります。「同じ失敗を繰り返さないようにするためにはどうしたらよいのか」という視点で考えてみると、やはり、失敗したことに対する改善策を勉強するしかないのではないでしょうか。

これらのように、「なぜ?」と問い詰めていくと答えが見つかるものです。転職に迷ったときは、まずその場に踏みとどまって考えてみてはいかがでしょうか。

2.20代となったいま、将来の目標を再度明確にする

 学生時代に、当時描いていた将来の夢があったと思います。「学校を卒業して、将来は何になりたい」という願望があったことでしょう。その夢の実現に向けて、実際に20代を迎え社会人となって、その夢の実現にまっすぐ進んでいるとするならば、その目標を再確認する必要があると思います。

目標の再確認

20代となったいま、学生時代に思い描いていた将来の目標を思い出し、現在の状況が思い描いていた通りになっているか考えます。これまでの就職経験から、目標を見失い、転職に向けて動き出そうとしているときこそ、「私の将来の目標は何だったのか」と自身に問いかけるのです。そして、その目標の道から外れてしまっているのであれば、修正して正しい道を歩まなければなりません。途中で挫折するような目標であれば、新たな目標を立てることも1つの手でしょう。現代では女性でも転職する機会が増えてきています。これを機に目標を再確認してはいかがでしょうか。

20代女性の転職に対しての目標と不安

将来の目標は非常に大切なものです。しかし、目標に向かって日々努力を続けていても、
いざ転職するときになると不安を隠しきれない20代女性も少なくありません。しかし、何をするにも、目標がなければ前に進むことができません。目標を立てることで、その道しるべができ、きちんと前に進むことができるようになるのです。1つ大きな目標を立てたのなら、その大きな目標を達成するための小さな目標をクリアしていかなければなりません。
 20代という年代は、まだまだ発展途上であり、目標に向かってこれからスタートするところです。「将来何になりたかったのか」学生時代に思い描いていた夢を、再度確認したうえで、目標を明確にすることが必要です。それが、転職に対しての迷いが払拭されるきっかけとなることでしょう。

3.20代として次にステップアップするために転職が必要なことなのか判断する

 現代社会では20代女性でも仕事に対して熱心に取り組み、向上心を持って更なるステップアップを図る方も少なくありません。20代はやりたいことが多い分、何をすればよいのか分からなくなる不安定な要素を秘めています。さらに女性は転職に不利とされてきたこれまでの時代の流れから、転職への不安があったり次へのステップアップへの道が閉ざされてきたことも有りました。しかし、現代は女性でも転職して活躍することができる時代です。スキルを身につけて飛躍することのできる20代女性を目指してみるのもよいでしょう。

スキルを活かしてキャリアアップする

 最近は20代女性でも転職をキャリアアップやスキルアップの時期と捉える方も少なくありません。実際、転職前の職場の環境に満足することができずに、転職に踏み切る20代女性が年々増加傾向にあります。
例えば、企業内で、部長クラスの地位にまで昇進した20代女性が、転職後の企業でも部長クラスに就任することができたとします。同じ部長というキャリアでも給料が上がればキャリアアップに繋がります。
キャリアアップの他に、スキルアップを目的とした転職ならば、転職前のスキルを活かして、転職後のスキル習得やスキル向上につなげることができます。
しかし、転職を考えたとき、「次にステップアップするために、転職は必要なのか」自身で判断しなければなりません。場合によっては、同じ職場でスキルアップを目指すことができることがあります。よって、転職するかどうか迷ったときは、これまでのスキルや知識を考慮して、果たして、転職することでステップアップに繋げることができるのか判断する必要があります。

4.20代の転職するタイミング

 転職を考えたとき、まず、転職する時期を考えなければなりません。転職するということは、生活環境が著しく変化する可能性があります。20代を迎え、ようやく安定した生活を手に入れても転職をきっかけに生活環境が不安定になることはよくありません。現在の、生活水準を保ちながら転職することが可能なのか、考えていかなければなりません。転職して、生活水準が下がるようなことがあれば、再度検討しなければなりませんが、逆に、生活水準が上がるようであれば、転職するのもよいでしょう。

ターニングポイント

 転職するタイミングは人生においてのターニングポイントでもあります。慎重に検討しなければ、将来に影響を与えるほど大きな事態を引き起こし兼ねません。特に20代女性は結婚を控える方も少なくありません。仕事と家庭で究極の選択を強いられることもあります。

20代女性の将来

 20代となると、自身の将来像を考える方も少なくありません。これから30代40代を迎えるにあたって、将来はどうなっているのか不安に思うことでしょう。女性は20代で結婚する方も少なくありません。また、将来ゆくゆくは結婚をして家庭を持つという方もいることでしょう。

20代女性が安定した生活を手に入れるためには

20代女性が将来安定した生活を手に入れるためには大きく2つのことに分けられます。

○収入を安定させ、生活の基盤を整える
○業績の安定した企業に転職する

20代女性の主な転職理由として「思っている仕事と違った」ということが挙げられます。就職する前は、給料が高くやりがいがある仕事として頑張ってきたのに、実際就職してみると、思ったより給料は高くなかったというケースです。具体的には、初任給は良かったのですが、その後の昇給が思うようにいかず、数年勤めたた結果、納得できる給料が貰えなかったということです。給料が思うように貰えないと、不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。「将来このまま、この給料で生活できるのか?」と自問自答することでしょう。今の会社で、給料が思うように貰えないのであれば、転職してもっと給料が貰えるところに就職すればよいと思います。収入面を理由に転職することも20代女性の上手な転職ではないでしょうか。

5.転職後を想定して、それが正しいのか判断する

 女性が20代で転職するということは、それが正しいのか考えなければなりません。転職を考えたときに、実際に転職して、その後はどうなるのか予測することで、それが正しいのか判断するのです。頭の中で転職後の人生がどのように経過していくのか、シミュレーションを立て、試行錯誤しながらよい結果を残せれば、それが正しい判断なのでしょう。しかし、必ずしも転職が予測通りにいくとは限りません。何が起こるか分からないのが人生なのですから。

さいごに

 ここでは、20代女性の転職を考えるときに確認するべきポイントをご紹介してきました。近年は20代女性でも転職して働く方も多くみられるようになりました。転職を考えている20代女性の参考になれば幸いです。

ブログには書けない転職エージェントの本音やオフレコ情報配信中。

プロフィールはこちら
おかだのプロフィール

友だち追加