【転職の年収交渉】どのタイミングで、どのように交渉するべきかを伝授します

転職活動をしていて、いつ、どのように年収交渉をしたら良いか、分からない方は多いのではないでしょうか。

転職して年収を下げたくない、なるべく良い条件で転職したい、とだれもが考えているのではないでしょうか。
企業さんも人事も、相手は人。ちょっとしたやり取りのコツで結果が変わってきます。そのコツについて解説しています。

年収交渉をするタイミングや回答例を解説しますね。

 

相場を無視しない金額を意識する

 

あまりにも高い金額を提示したり、今の給与の2倍とか・・・

少なくとも今もらっている額よりも低く提示する必要は無いと思いますが、高すぎてもいけないです。

求人票に書かれているアッパーの金額を希望するとかもダメですからね。

 

 

年収の交渉する前に、自らで考えておくべきこと

 

優先順位を考えておく

ご自身の転職活動の中で、給与に関する希望のウェイトはどれ位でしょうか。

未経験職種へのチャレンジで、給与が〇割下がっても良いからチャレンジしたいのか、

通勤が便利になるなら下がっても良いとか、残業が少なくなるなら・・・、とか

絶対に上がらないと転職はしない、〇〇万円以上上がらないと転職しないとか、

優先順位と具体的な数字を考えておくことをオススメします。

 

希望金額とその理由

具体的に年収はいくらを希望するのか、また、その理由を具体的に交渉の前に考えておきましょう。

・業界相場から判断

・生活費の最低金額として必要だから

・現在の年収がこれくらいで、自分の実力を考えると〇〇位欲しいから

などがその例となります。

 

 

年収交渉のタイミング

 

年収交渉のタイミングとしては、以下の例が考えられます。

選考が進んでいる中で、自分からわざわざ出すことはないと思います。

 

オファー面談があるケース

 

ある程度の規模や、キャリア採用の場合には、「オファー面談」といって、条件提示のための面談が、内定後に設けられる場合があります。

おそらく即決する必要は無いので、一度持ち帰って考えるとし、他の企業からの提示金額と比較して、

その企業にいくらの年収だったら入りたいのか考えて返事をすれば良いです。

交渉に自信が無ければ、エージェントを使っている場合には、転職エージェントからの紹介の仕事なら、エージェントに交渉を依頼しても良いと思います。

 

オファー面談が無いケース

 

人事担当者が面談に同席するタイミングがあると思います。ほとんどの場合、そこで希望について先方から聞かれますので、そこで答えたら良いです。聞かれない場合は「質問はありますか」と聞かれたときに、年収モデルについて質問してみると良いです。

 

年収交渉の聞き方は?

 

具体的には「私の今の経験はキャリアですと、御社の中ではどのような給与モデルになりますか?」という聞き方をすると良いと思います。

「年収はいくら頂けますか?」とか「月収で30万位が希望なのですが」と聞くよりもなんとなくスマートですよね?

この時に提示する金額は、額面で交渉ををしましょう。

額面とは、税金や保険を引かれる前の金額になります。

 

どのように交渉をするのか

 

具体的にどのように交渉をやりとりすれば良いのかというと

 

〇現在の月額が30万、年収が400万になっています。全体で1割くらい上がるとうれしいとおもっています。

×現在の月額が30万、年収が400万になっています。50万UPの年収450万になると嬉しいと思っています。

意味はほぼ変わらないですよね。

でも上げて欲しい金額を、金額で伝えるよりも、割合で伝えた方が、よりソフトになりますし、

相手も「転職するからには1割位あげてやるかー」っという心理になりやすいです。

ビシっと金額を出すよりも、1割UPという基準伝わるし、即時に判断をする力が砕けて、意図を理解しようとするうちに条件を飲みやすくなるんですよね。

 

どのような態度で年収の交渉をするのか

 

年収への希望をしっかり伝えたうえで

「あくまでも希望ではございます。しかしながら、今までの経験と、これまでお話しを伺った仕事内容の中で、自分自身で出した数字ですので、御社のスケールの中で、最終的には判断して頂くしかございません。覚えなおしになることもあると思いますし、ご提示いただいた額が希望よりも低い場合には、希望金額に早く届くように入社後に頑張ります!」

 

と協調性を見せましょう。

私実際この方式で、年収100万UPと年収200万UPを手に入れています。しかも200万UPしたときは、現状以上が希望だったのに、相手からこの金額を出してくれました。

希望は希望である点、最終的には相手に任せるという態度は、企業さんの中でも好感を得られ、「この人物逃すまい」と思うようです。

但し、自身があって、希望金額を譲るつもりが無ければ、淡々と自分の価値を計算した理由、仕事内容や残業状況に対しての判断など、

値付けをした理由をあくまでもビジネスライクに言ってみてください。

 

返事はいつどのように良いのか

 

まず、その場で金額提示があったとしても、即答は避けた方が無難です。

即答しなければ入社出来ないのであれば、そんな企業はやめてしまって構わないのではないでしょうか。

根拠や、それ以上の交渉の余地があることを確認した上で

「家族と相談させて頂きます」「前向きに検討させて頂きます」「希望通りの金額で大変ありがたいのですが、一旦持ち帰って検討させて頂きます」など、一旦持ち帰りをして返答するようにしましょう。

とはいえ、私自身、UPした金額で即答して入社承諾にその場でサインしたこともありますが。

 

 

【転職】年収交渉のまとめ

 

タイミング

人事が同席している面談の場、又はオファー面談の場で、「質問はありませんか」と聞かれたとき。

通常は相手から希望を聞いてくるはず

 

聞き方

額面で提示する。

希望金額があれば、現在の年収に対しての割合を示して提示する。

 

交渉なんかする余裕は無いけれど、損したくない人は・・・

そんな人は転職エージェントを使って交渉すれば良いと思います。

市場価値との兼ね合いもあり、必ずしも希望金額を達成できるとは限らないですが、「ここの企業さんでこの実力ならこれくらいまでは大丈夫」とか、交渉のテクニックとか、沢山方法があります。

なので転職希望者さんに変わって年収交渉は喜んでやってくれるはずですよ。

 

ご自身の転職について、年収がどれくらいまで上がりそうなのか、

転職すると年収が下がってしまうのか・・・など疑問に思うことがありましたら、ぜひ一度相談してくださいね。

 

 

 

ブログには書けない転職エージェントの本音やオフレコ情報配信中。

プロフィールはこちら
おかだのプロフィール

友だち追加