【30代女性の転職】悩み多き世代のための準備すべきこと

30代での転職というと、キャリアを上げたい、ライフスタイルが変わって残業を減らしたい、という理由の他、

お子さんが大きくなってきて、復職を考えるケースもあります。

ライフスタイルと仕事のはざまで揺れるのが女性の転職ですね。

特に悩みが多い30代の女性の転職について、どんなことを用意するべきか考えてみましょう。

 

 

 

採用側企業の視点を知ること

 

採用側の企業は、30代の女性にどのような視点で採用しているのでしょうか。

 

どのような働き方が出来るのか

 

30代の転職というと、リーダー経験だったり、経験者採用、これまでのキャリアを重視しての採用が多くなっています。

即戦力として期待されているわけですから、入社後の配属部署もすぐに活躍できるように用意します。

ですから面接では「どのような働き方が出来るのか」ということを聞きます。

採用されたいがために

「残業できます!子供が病気のときは、近くの親が見てくれます!学校行事よりも仕事優先です!」と言って入社したにも関わらず、

「この日は塾の面談だから少しだけ早退したい」とか「この日は残業出来ない」とか、「今日はPTAの集まりだから帰る」、「学校の用事で午前休」、「子供が熱を出した」

 

結局、フルタイムとは言い難い位の勤怠の人、案外多いんです。

だから、「残業できます」「フルタイムOKです」という人には、根拠をかなり聞きます。

いいんです、休むなら休む、家庭優先でも周りが協力出来れば。みんな助け合っていけるのが会社の良いところ。

でもね、「できます」と言って入ったのに、結局出来ないなら、

(おかだ)
最初から出来るとか言わないで欲しい

というのが人事のホンネです。

出来ないならパートで働けば良いし、そうでなければ自分で起業して自分のペースで働くことをオススメします。

また、今後結婚や出産など、ライフスタイルが大きく変わる予定があるのでしたら、それをきちんと伝えておくべきです。

それなりの人員配置をしますので。予定が本当に無いなら良いのですが・・・。

 

これからの働き方を自らで明確にし、また、そこは見栄を張ったり嘘をつくと、お互い幸せになれませんので正直にいきましょう。

時間軸での働き方については、よくよく考えておいた方が良いです。

 

どのようなポジションで働けるのか

 

時間軸での働き方の他、仕事の実力面ですね。

リーダー経験があるのか、リーダーや管理職としての素養があるのか。

それともずっとメンバーとして働いたり、リーダーのフォローをする立場なのか。

今30代で必要とされる人材は、圧倒的にリーダー経験者です。リーダー経験が無い方で、リーダー・マネージャを目指したい方は、そのために今何を努力しているのか、今までのどんな経験がリーダーに活かせるのかということを話せるようにしておいた方が良いと思います。

リーダー経験がある方は、それまでの部署の規模、メンバー構成、年間の予算、苦労したこと、得意なこと、自分のマネジメントスタイルなどをスラスラと答えられるようにまとめておきましょう。

 

 自分の将来の姿をよく考える

 

将来どのように働いていたいのか、どのようなプライベートを過ごしたいのか、一度ゆっくりと考えてみませんか。

 

1年後と3年後の働き方について考えてみる

 

1年後、あなたは会社でどのようなポジションで、どのような働き方をしていたいでしょうか。

3年後、あなたは会社でどのようなポジションで、どのような働き方をしていたいでしょうか。

自分が「こうなりたい!」という姿を思い浮かべてみましょう。

例:リーダーになって、5名を取りまとめていたい

2000万クラスのプロジェクトマネージャとして独り立ちしていたい  など

 

1年後と3年後のプライベートについて考えてみる

 

1年後、どのようなプライベートを過ごしていたいでしょうか。

3年後、どのようなプライベートを過ごしていていでしょうか。

例:犬と夫とキャンプ (・・・あ、それ私のことか・・・。)

子供が中学校を卒業するので、夫婦での外出などの時間を少し増やしたい

 

 

会社でのポジションと働き方の可能性を知っておく

 

面談の場や、エージェントを通して確認しておいた方が良いのは、どのような働き方が企業側に用意されているのかという点です。

 

リーダーやマネージャのポジションで働くことが出来るのか、

逆にリーダーにならなくても良いのかという点で、まず、自分の今後に合っているのかどうかということを確認しておくべきでしょう。

また、プライベートに優先事項が高いことがあるのであれば、その点も確認しておいた方が良いです。

例えば、旅行が趣味の方にとって、突発的な休日出勤が多いポジションでの働き方なら、プライベートを諦められるのかどうかという点です。

又は、予約とかしなくても良いキャンピングカー買っちゃうとか・・・?

 

将来的に、ご自身の親の介護が視野に入っている年代であれば、その点もよく考える必要があると思います。

例えばリモートワークが可能な職場なら安心ですよね。

あと、介護休の時には、何時間までなら有給を使わなくても良いとか考えられている職場もあります。

 

30代の女性が転職後にどのような活躍を期待されて、どのようなポジションが用意されているのか。

現在の実績とこれからの会社側の意向はよく確認して、ご自身のキャリアの希望と合いそうかという点をよく検討することをオススメします。

 

まとめ

 

以上のように、自分のこれから(期待)と会社のこれから(期待)が合っているのかどうかをよく見極めることをオススメしています。

でも一つお伝えしておきたいこととしては、「会社に依存しない自分」を作り上げていく必要があるということ。

このご時世ですから、会社がいつどうなるか分かりません。

その時に、どこにいっても通用するキャリアは必要です。

会社に用意されたレールに乗って、言われた通りのことだけをやっていたら、会社から放りだされてしまったとき、結局困ることになってしまうと思うんです。

だから、会社という枠の中で、どれだけ自分を活かしていけるのか、

与えられたポジションで自分の希望が叶わないのであれば、何をすれば叶うのか。自らが動いて回りを巻き込んでいく必要もあります。

考えがまとまらないなら、ご相談ください。

私も通ってきた道です。一緒に考えましょう。

無料転職カジュアル相談(カウンセリング)

 

おまけ

 

自分の働き方の軸を見直すワークショップを開催します。

自分の軸、それから外的要因が変化したときに、自分の軸が対応できるのかどうか、

今見直さなければならない点、これから柔軟に考えた方が良い点、

何よりもあなたの魅力・強みを見だすことが出来るワークショップです。

モヤモヤしていたことがスッキリ!進べき道が見えた!と毎回大好評のワークショップです。

ぜひご参加くださいね。

 

詳しくはこちらです。

https://okadastyle.com/17bt

 

 

 

ブログには書けない転職エージェントの本音やオフレコ情報配信中。

プロフィールはこちら
おかだのプロフィール

友だち追加