自分がITエンジニアになれるのか、適正があるのか不安な人へ

ITエンジニアに転職してやっていけるのだろうか?

向いているのだろうか?

仕事が難しくて追いつけなくなるんじゃないだろうか・・・・?

文系出身なんだけど・・・。

心配ですよね。

でも大丈夫!

 

こんな人がITエンジニアに向いています。

 

 

1.好奇心が旺盛であること

なんといっても、新しいことが次々と出てくる世界。

新しい技術は、みんな同じように分からないので、心配不要です。

ワクワクして新しいものに取り組める人は向いています。

 

2.調べることが好き

システムに障害が出た、マニュアル通りに設定したのに動かない、自動化の方法が分からない・・・。

でもあなたがこれから悩むことは、ほぼほぼ、先人達も悩んでいます。

そしてその答えがインターネット上に上がっています。先人達ではなく、メーカーのTIPSもインターネットに上がっています。

何よりも大切なスキル、それはgoogle検索と言っても過言ではありません。

分からないことや新しいことを「調べる」

これを苦にしない人はITエンジニアに向いています。

 

3.人が好き!

ITエンジニア、エンジニアとはいっても、チームプレイだったりしますし、お客様もまた人間だったりします。

人が使うためのシステムを人が作る。

これがITエンジニアの仕事です。

ですから人が好き!というのは、エンジニアでも大切なスキルになります。

 

文系でも問題やっていけるのか

答えはYESです!

特に高度なスキルが必要になる仕事もありますが、ほとんどのITエンジニアの仕事は、文系でも問題無くできます。

クラウドのインフラ構築や、業務システムなどの企業が一般業務で使うプログラミングは、

文系でも十分可能です。文系・理系で差がほとんど出ない分野でもあります。

 

どうでしょうか?

全部自分に当てはまらなくても、働いていくうちに「向いているスキル」を身に着ければ良いと思いますよ。

はじめから全部出来る人なんていないですからね。

 

ブログには書けない転職エージェントの本音やオフレコ情報配信中。

プロフィールはこちら
おかだのプロフィール

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください