IT未経験の人が面接でアピール可能な最重要スキルとは?

 

未経験からエンジニアになれるとしたら、

必要なスキルが2つあります。

それは「ポテンシャル」と「笑顔」

 

この2つです。

 

ポテンシャルを表すもの

 

では、どのように企業さんはポテンシャルを判断するのでしょうか。

 

1.行動出来る能力があるのかどうか

例えば

・ITスクールに行ってました

・自らCCNAなど何かの資格を取りました

・フリーの勉強会に参加しています

このように自主的に行動できる積極性を示すものがあると、評価はグンと上がります。

 

2.なんでも他責にしない前向きさ

うまくいかないときの原因を、他人や運のせいにしていないでしょうか。

うまくいかなかったときは、自らを省みて、

うまくいったときは、他人と天に感謝。自己の功績は自分で持ち上げることなく、謙虚になる。

このような姿勢は、人事担当者からは好まれます。

 

3.友達と長く付き合っているか

小中学校の友達と、大人になってからも付き合いが続いている場合、

人間関係の維持に対して評価をもらえる場合もあります。

他には大学時代に体育会で4年間頑張ったとか、中高同じスポーツを続けていたとか、

先輩後輩の厳しい組織の中で前向きに頑張っていた姿勢は高評価につながる場合もあります。

 

笑顔の評価

やはり面接官も人間です。

初対面なので緊張するとは思いますが、ハキハキ、ニコニコと受け答えをしてもらえると、嬉しくなるものです。

出来るだけ笑顔で面接に対応しましょう。

最初の挨拶だけでも笑顔で!

初対面の印象は「10秒で決まる」、厳しいと「2秒で決まる」とも言われています。

それだけ最初のご挨拶を笑顔で対応することは大切です!

 

私が経験が無いクラウドで働けた理由

 

2009年、世の中にクラウド技術者があまりいなかった頃、

クラウド案件のチャンスが到来しました。

おかだ
この案件絶対に掴みたい!

と思いましたが経験がありませんでしたので、技術面でアピールするものが何もありません。

独学で勉強したことや、仕事の効率化を能動的に進めたことを笑顔でアピールして採用してもらいました。

また、自社の営業にも「新しい技術の職場で働きたい」「新しいことを学ぶことに意欲的である」この2点を常に伝えるようにしていましたので、クラウド案件の話が持ち上がった時に、私に声をかけてもらうことが出来ました。

このように自ら何がやりたいのかをハッキリと把握し、周りに発信しておくことはとても大切なことです。

発信すると、その情報を持っている人から重要なインプットを貰うことが出来る可能性があるからです!

 

特に若い方が転職する際、ポテンシャルと笑顔で、未経験の分野にチャレンジ出来る可能性は沢山あります!

何をアピールしたら良いのか分からないとか、自分の強みが分からないという場合、是非LINE@に登録して、質問を送ってくださいね。

ご相談は無料です。

 

友だち追加

ブログには書けない転職エージェントの本音やオフレコ情報配信中。

プロフィールはこちら
おかだのプロフィール

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください